2014年3月25日火曜日

集落での苦しみ


今日は集落での共同基金設立のためのワークショップ。

今週から大学生のインターン(二名)が活動に同行します。こちらでは全ての大学生
に卒業前3ヶ月間の実施研修(インターン)を義務付けられているとのこと。理想に眼を輝かせた若者と仕事をするのは私にとっても刺激になります。

今日の研修では、共同基金設立の目的の一つであるマイクロファイナンスの仕組みについて説明。参加者の皆さんも非常に熱心で、ワークショップ自体は非常に順調に進みました。

そして、研修後は集落の皆さんから食事をご馳走になります。いつもどおり美味しく頂いたのですが...その直後から急激な腹痛が!

どうやら頂いたミルク(村の牛から直接採ったもの)にきちんと火が通ってなかったらしく、学生さんと三人で仲良く(?)悶え苦しむことに...

集落からオフィスまでは車で約1時間、山道を越えて行くのですが、これほど長く感じたのは初めてでした。

写真は集落の方と満面の笑顔でミルクを頂いているときのもの。この時はまだその後の惨状を知る由もありません…