2018年3月26日月曜日

<桜を見る会@大泉学園>

桜が満開を迎える中、地元の樹木医の安東信さんにお願いして大泉学園の桜をご案内いただきました。大泉学園通り、3キロにわたって桜並木が連なっていて、毎年、今の時期になると桜のトンネルのような綺麗な景色になります。私もこちらへ引っ越してきて初めて桜の季節を迎えたとき、その美しさに驚いたのを覚えています。

安東さんの説明、印象的でした。ほとんどの桜はソメイヨシノですが、その中に藤沢周平が愛し、エッセイにも登場したという山桜があったり、ソメイヨシノの親である大島桜や江戸彼岸、そのほかにも枝垂桜や緋寒桜を教えて頂いたり、普段、何気なくきれいだと思っていた地域の桜にこれほど種類や歴史があることに改めて感動しました☺